MDE-X

バージョン2.1.0の変更点

 

- SpliceのRent-To-Ownライセンスをサポートします。

- その他安定性の向上を行いました。

 

--------

 

バージョン2.0.2の変更点

 

- AudioUnitバージョンでオートメーション可能なパラメータが正しく表示されない問題を修正しました。

 

--------

 

バージョン2.0.1の変更点

 

・4 EQ において、シェイプ・タイプがうまく切り替わらない問題を修正しました。

・その他プラグインの安定性が向上しています。

 

--------

 

バージョン2.0.0の変更点

 

ご利用いただいている方々からのリクエストにお応えするため、ユーザーインターフェースを大幅に見直しました。

 

・ユーザーインターフェースのスクリーンサイズ変更に対応しました。KORGロゴ・メニューからご利用いただけます。

 

サウンド機能を強化

・新しいディストーションとフィードバック・リバーブがマルチ・エフェクターに追加されました。

 

無料でアップグレード

・KORG Collectionシリーズをお持ちの方は、このアップグレードを無料で入手できます。

・バージョン2より、KORG Collectionの価格を改定いたしました。詳細はヘルプページ(https://support.korguser.net/hc/articles/900000587563)をご覧ください。

 

-----

 

バージョン1.4.4の変更点

 

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.4.3の変更点

 

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.3.2の変更点

 

・新しい認証システムを導入しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

 

バージョン1.3.1の変更点

 

・macOS High Sierra (10.13)に対応しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.3.0の変更点

 

・64ビット環境にネイティブ対応しました (Audio Units/VST)。

・Mac OS X 10.8 Mountain Lionに対応しました。

・最新OSへの対応により、動作環境が変更になりました。Mac OS X 10.6.8以降対応となり、10.5以前およびPower PC搭載Macのサポートは終了しました。詳しくは製品ページにてご確認ください。

 

その他、いくつかの問題点を修正し、安定性が向上しています。

 

-----

 

v1.2.7からv1.2.8での追加および修正/改善事項

 

・いくつかの問題を修正し、安定性が向上しています。

 

-----

 

v1.2.5からv1.2.7での追加および修正/改善事項

 

・Mac OS X 10.6 Snow Leopard (32-bit) での動作をサポートしました。

 

その他、いくつかの問題点を修正しています。

 

-----

 

取扱説明書の訂正および追加事項

 

・ユーザー定義のプリセット・ファイルを起動時の初期設定として読み込むことができます。保存してあるファイルを初期設定にしたい場合は、まず該当ファイルを読み込み、MDE-Xの画面上でKORGロゴをクリックし、Make Current Bank Defaultを選択することにより初期設定として保存されます。以前のバージョンをお持ちの方は、読み込み方法が変更になりましたのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

記事コメントは受け付けていません。