Mono/Poly

バージョン2.1.1の変更点

 

- バージョン2.1.0に含まれていたスタンドアローンが正常に動かない問題を修正しました。

 

 

--------

 

バージョン2.1.0の変更点

 

- SpliceRent-To-Ownライセンスをサポートします。

- その他安定性の向上を行いました。

 

 

--------

 

バージョン2.0.3の変更点

 

- AudioUnitバージョンでオートメーション可能なパラメータが正しく表示されない問題を修正しました。

- その他、画面表示上の改善を行なっています。

 

--------

 

バージョン2.0.2の変更点

 

- FL 20 で プロジェクトのトータルリコールが失敗することがある問題を修正しました。

- その他、画面表示上の改善を行なっています。

 

--------

 

バージョン2.0.1の変更点

 

- Browser にて プレビューリフのボタンを押すとクラッシュする問題を修正しました。

- Program Browser ボタンを押すとクラッシュすることがある問題を修正しました。

 

--------

 

バージョン2.0.0の変更点

 

ご利用いただいている方々からのリクエストにお応えするため、ユーザーインターフェースを大幅に見直しました。

 

・ユーザーインターフェースのスクリーンサイズ変更に対応しました。ユーティリティ・メニューからご利用いただけます。

・プログラムの管理方法を変更しました。バージョン2では以下の場所に保存されます。

 

[macOS] ~/Documents/KORG/MonoPoly/Presets/

[Windows] ~/My Documents/KORG/MonoPoly/Presets/

 

バージョン1で作成したサウンド・バンク、プログラムをお持ちの場合は、ファイル・メニューにある「Load Bank / Program」をご利用ください。128個の別々のサウンド・プログラムとして変換されドキュメントフォルダに保存されます。

 

・この結果、プログラムは好きなだけ管理・登録できるようになりました。そのため、id.korg.comで配布をしている追加のサウンド・パックの一部をプリ・インストールいたします。

 

サウンド機能を強化

・iOS版「iMono/Poly」用に作成された256個のサウンドを新たに追加しました。

・新しいディストーションとフィードバック・リバーブがマルチ・エフェクターに追加されました。

 

無料でアップグレード

・KORG Collectionをシリーズお持ちの方は、このアップグレードを無料で入手できます。

・バージョン2より、KORG Collectionの価格を改定いたしました。詳細はヘルプページ(https://support.korguser.net/hc/articles/900000587563)をご覧ください。

 

-----

 

バージョン1.2.4の変更点

 

・Standalone版においてSystemメニューからAboutを選択するとクラッシュする問題を修正しました。

・文字入力に関する不具合を修正しました。

 

-----

 

バージョン1.2.3の変更点

 

・AUでクラッシュする問題を修正しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.2.0の変更点

 

・AAXに対応しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.1.2の変更点

 

・新しい認証システムを導入しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.1.1の変更点

 

・macOS High Sierra (10.13)に対応しました。

・オーディオ入出力設定の動作を改善しました。

・安定性を向上させました。

 

-----

 

バージョン1.1.0の変更点

 

・64ビット環境にネイティブ対応しました (Audio Units/VST)。

・Mac OS X 10.8 Mountain Lionに対応しました。

・最新OSへの対応により、動作環境が変更になりました。Mac OS X 10.6.8以降対応となり、10.5以前およびPower PC搭載Macのサポートは終了しました。詳しくは製品ページにてご確認ください。

 

その他、いくつかの問題点を修正し、安定性が向上しています。

 

-----

 

バージョン1.0.4の変更点

 

・Steinberg Cubase 6において、使用中にCubaseメニューが重複して表示される問題を修正しました。

 

-----

 

v1.0.2からv1.0.3での追加および修正/改善事項

 

・いくつかの問題を修正し、安定性が向上しています。

 

-----

 

v1.0.1からv1.0.2での追加および修正/改善事項

 

・Mac OS X 10.6 Snow Leopard (32-bit) での動作をサポートしました。

 

・Mac OS X 10.5で、スタンドアローン起動時にエラー・メッセージ「プラグイン名.componentがインストールされていません.」が表示され、アプリケーションが起動しないことがある問題を修正しました。

 

・Digidesign Pro Tools上に入力したシーケンス・データを再生する際、発音タイミングがズレることがある問題を修正しました。

 

・Digidesign Pro Toolsにおいて、正常にトータルリコールできないことがある問題を修正しました。

 

その他、いくつかの問題点を修正しています。

 

-----

 

v1.0.0からv1.0.1での追加および修正/改善事項

 

・ホスト・アプリケーションにおいてプラグインとして使用した場合に、エフェクト・パラメーターのオートメーションが正しく動作しない問題を修正しました。

 

・ホスト・アプリケーションにおいてプラグインとして使用した場合に、ソング・データの保存などの操作によってコンピューターのCPU負荷が高くなる問題を修正しました。

 

・一部のホスト・アプリケーションに搭載されているパラメーターのランダマイズ機能を実行すると、アプリケーションがクラッシュする問題を修正しました。

 

・オーディション・リフ No.87 C2 4x4のフレーズ・データが違っていた問題を修正しました。

 

・PROGRAM BROWSER上のスクロール・バー左側の矢印ボタンをマウスでクリックしても、正しく動作しないことがある問題を修正しました。

 

・GLOBALページの一部のパラメーターに対して[コマンド]キーを押しながらマウスをクリックしても、パラメーターのリセット機能が正しく動作しない問題を修正しました。

 

その他、いくつかの問題点の修正と機能改善を行っています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

記事コメントは受け付けていません。