KeystageでMIDI 2.0 Property Exchangeを使用する

MIDI 2.0 Property Exchangeは、MIDIメッセージを使ってデバイス同士の音色やパラメーターなどの情報を送受信する機能です。MIDI 2.0 Property Exchangeを使用すると、Keystageのディスプレイにアプリケーションのプログラム名やパラメータ名が表示され、Keystageのノブやエンコーダーでアプリケーションのパラメータを操作することができます。

KeystageのMIDI 2.0 Property Exchangeは、以下の製品に対応しています。
各製品を最新の状態にアップデートしてください。

 

◾️対応製品

・wavestate native  / LE  (スタンドアロン版のみ対応)
・opsix native  (スタンドアロン版のみ対応)
・modwave native  (スタンドアロン版のみ対応)

・wavestate module / mkII / SE
・opsix module / mkII / SE
・modwave module / mkII

 

◾️設定方法

・wavestate native / LE
    wavestate native(MIDI2.0 Property Exchange)でKeystageを使用する

・opsix native
    opsix native(MIDI2.0 Property Exchange)でKeystageを使用する

・modwave native
    modwave native(MIDI2.0 Property Exchange)でKeystageを使用する

 

・wavestate module / mkII / SE
・opsix module / mkII / SE
・modwave module / mkII
    wavestate / opsix / modwave moduleでKeystageを使用する(MIDI 2.0 Property Exchange)

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

記事コメントは受け付けていません。