KORG app ヘルプセンター

シンセ・ガジェット

 

Berlin (ベルリン)
Dublin (ダブリン)
Brussels (ブリュッセル)
ChiangMai (チェンマイ)
Chicago (シカゴ )
Helsinki (ヘルシンキ )
Kiev (キエフ )
Kingston (キングストン )
Marseille (マルセイユ )
Miami (マイアミ )
Phoenix (フェニックス)
Wolfsburg  (ヴォルフスブルク)
Salzburg (ザルツブルク)
Montreal (モントリオール)
Alexandria (アレクサンドリア)
Firenze (フィレンツェ)
Glasgow (グラスゴー)
Darwin (ダーウィン)
Kamata (蒲田)
Madrid (マドリッド)
Lexington (レキシントン)


 


 

Berlin
Monophonic Synchronized Synthesizer

リード音色に特化したクラシカルなデザインのシンセサイザー・ガジェットです。複雑な倍音を生み出すシンク・オシレーターを搭載し、多彩で「うねり」のあるサウンドが得られます。

Berlin.png


PORTA.
音の移行時間を設定します。

BEND
ピッチ・ベンド量を設定します。

VIB.
ビブラートの効果の深さを設定します。

VOLTAGE CONTROLLED OSCILLATOR
PITCH
オシレーターのピッチを調節します。

WAVEFORM
オシレーターの波形を選択します。

BALANCE
音色のピッチ・バランスを調節します。

MOD
オシレーターへのシンク・モジュレーションの深さを設定します。

TONE
音色を調節します。

EG/LFO
シンク・モジュレーションのソースをエンベロープもしくはLFOから選択します。

ENVELOPE GENERATOR 
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからレベルが0になるまでの時間を設定します。

LOW FREQUENCY OSCILLATOR
SHAPE
LFOの波形を選択します。

FREQ
LFOの周波数を設定します。

KEY SYNC
Onにすると、ノート・オンのたびにLFOがリセットします。

TEMPO SYNC
Onにすると、LFOの周波数がソングのテンポに同期します。

VOLTAGE CONTROLLED LOW PASS FILTER
FREQ.
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

RESO.
フィルターのレゾナンスを設定します。

EG
EGによるカットオフ周波数へのモジュレーションの深さを設定します。

LFO
LFOによるカットオフ周波数へのモジュレーションの深さを設定します。

KBD
キーボード・トラックによるカットオフ周波数の変化量を設定します。

VOLTAGE CONTROLLED AMPLIFIER 
A (Attack)
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

D (Decay)
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

S (Sustain)
サステイン・レベルを設定します。

R (Release)
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

LEGATO
レガートのオン/オフを設定します。

DELAY

TIME
ディレイ・タイムを設定します。

LEVEL
ディレイの音量を設定します。

SPREAD
ディレイ音の広がりを設定します。

MASTER
LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Dublin
Monophonic Semi-Modular Synthesizer

クラシック、ビンテージなルックスのセミモジュラー・タイプのシンセサイザー・ガジェットです。野太いベース・サウンドを得意としています。素の波形とフィルターによるオーソドックスでかつ深い減算シンセシスはもちろんですが、パッチング次第でさまざまに変化するサウンドも楽しめます。

Dublin.png


VCO 1

WAVEFORM
オシレーター1の波形を選択します。

SHAPE
WAVEFORMをPulseにしたときのパルス波形の幅を設定します。

SCALE
オシレーター1のピッチをオクターブ単位で設定します。

VCO 2 

WAVEFORM
オシレーター2の波形を選択します。

TUNE
オシレーター2のピッチを調節します。

SCALE
オシレーター2のピッチをオクターブ単位で設定します。

MIXER
VCO 1
オシレーター1の音量を設定します。

VCO 2
オシレーター2の音量を設定します。

NOISE
ノイズ・ジェネレーターの音量を設定します。

VCF
CUTOFF
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

PEAK
フィレターのレゾナンスを設定します。

KBD AMT
キーボード・トラックによるカットオフ周波数の変化量を設定します。

VCA 
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

KEYBOARD

PORTA
音の移行時間を設定します。

LEGATO
オンにすると、キーボードをスライドしたときに各音がレガートに移行します。

MASTER

VOLUME
出力の音量を設定します。

DRIVE
出力のドライブ量を設定します。

TONE
音色を調節します。

MG 1, MG 2

MG OUT
タップ&ドラッグしてパッチ・ケーブルをつなぎ、MGによるモジュレーション先を選択します。

AMOUNT
MGによるモジュレーション量を設定します。

WAVEFORM
MGの波形を選択します。

KEY
Onにすると、ノート・オンのたびに波形がリセットします。

FREQ
波形の周波数を設定します。

BPM
Onにすると、波形の周波数がソングのテンポに同期して設定できます。

ENVELOPE GENERATOR

EG OUT
タップ&ドラッグしてパッチ・ケーブルをつなぎ、EGによるモジュレーション先を選択します。

AMOUNT
EGによるモジュレーション量を設定します。

ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

PATCHBAY INPUTS

MG1、MG2、EGによるモジュレーション先を設定します。
以下のパラメーターがモジュレーション先として設定できます。

・VCO 1 SHAPE : VCO1で、波形にPULSEを選択したときのパルス幅

・VCO 1 & VCO 2 PITCH : VOC 1とVCO2の音の高さ

・VCO 2 PITCH : VCO2の音の高さ

・VCO 1 LEVEL : VCO1の音量

・VCO 2 LEVEL : VCO2の音量

・NOISE LEVEL :ノイズの音量

・VCF CUTOFF : フィルター(VCF)のカットオフ周波数

・VCA GAIN : 全体の音量

・MG1 FREQ : MG1のスピード

・MG2 FREQ : MG2のスピード



 

Brussels
Monophonic Anthem Synthesizer

厳選されたシンプルなパラメーター構成と直感的なユーザー・インターフェースのシンセサイザー・ガジェットです。近未来感溢れるデザインから励起される分厚いユニゾン音色は、あらゆるタイプのエレクトロニック・ミュージックに必須のリード・サウンドです。

Brussels.png


PERFORMER

PUMP
パンピング・エフェクトの深さを設定します。

REPEAT
リピート・エフェクトの深さを設定します。

GENERATOR

BOTTOM
サブ・オシレーターの音量を設定します。

GLIDE
音の移行時間を設定します。

DIFFUSE
オシレーターの広がりを設定します。

FILTER
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

TWIST
オシレーターへのピッチ・モジュレーションの深さを設定します。

OUTPUT
LEVEL
出力レベルを設定します。

REVERB
TONE
リバーブの音色を設定します。

LEVEL
リバーブの音量を設定します。



 

ChiangMai
Variable Phase Modulation Synthesizer

VPM(バリアブル・フェーズ・モジュレーション)シンセシスをフィーチャーしたポリフォニック・シンセサイザー・ガジェットです。落ち着いたゴールド・ボディのガジェットは、金属的で煌びやかなベル・サウンドが得意です。

ChiangMai.png


OSCILLATORS (1, 2)

LEVEL
オシレーターの音量を設定します。

WAVEFORM
オシレーターの波形を選択します。

PITCH
オシレーターのピッチを調節します。

HARMONICS
VPM(Variable Phase Modulation)のモジュレーション周波数を、オシレーターの倍音の倍数(ハーモニクス)として設定します。

DEPTH
VPMのモジュレーションの深さを設定します。

ENV
EGによるVPMのモジュレーションの深さへのモジュレーション量を設定します。

FILTER
FREQUENCY
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

RESONANCE
フィルターのレゾナンスを設定します。

ENV AMT
EGによるカットオフ周波数へのモジュレーション量を設定します。

KBD AMT
キーボード・トラックによるカットオフ周波数の変化量を設定します。

ENVELOPES (FILTER, AMPLIFIER)
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

CHORUS
SPEED
LFOのスピードを設定します。

DEPTH
エフェクトの効果の深さを設定します。

DELAY
TIME
ディレイ・タイムを設定します。

LEVEL
ディレイ音の音量を設定します。

OUTPUT
LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Chicago
Tube Bass Machine

銀色に輝くメタル・ボディに偽りない、アシッドハウス直系のベース・ガジェットです。粘り気のあるク ラシックなシンセ・ベース・サウンドから、時に激しく歪んだ攻撃的なサウンドまでカバーする「Bite」 フィルターを内蔵しています。また、アルペジエーター、マルチ・エフェクトによってバリエーションの ある音作りも可能です。

Chicago.png


OSCILLATOR WAVE
オシレーターの波形を設定します。

GLIDE
音の移行時間を設定します。

ENVELOPE

ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

AMPLIFIER ENV/GATE
音量を変化させるエンベロープ・ソースを選択します。

LEVEL
出力の音量を設定します。

ARPEGGIATOR

ON
アルペジエーターをオン/オフします。

RANGE
アルペジエーターの演奏範囲を設定します。

MODE
アルペジオ・パターンを選択します。

SPEED
アルペジエーターの演奏スピードを設定します。

FILTER CUTOFF
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

PEAK
フィルターのレゾナンスを設定します。ENV EGによるカットオフ周波数の変化量を設定します。

BITE
フィルターのドライブ量を設定します。

GNAW
フィルター・インプットに独特の周波数変化を与えて、攻撃的なサウンドに変化させます。

EFFECT

TYPE
エフェクトのタイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。



 

Helsinki
Polyphonic Ambient Synthesizer

アンビエントやチルウェイブといったジャンルで使いやすいパッド・サウンド・ガジェットです。ローファイ、リバーブ・エフェクトを通して奏でられる繊細で奥行きのあるサウンドは、フローティング・インターフェースの質感を通して、むしろ懐かしくなるような近未来感を感じさせます。

Helsinki.png


LOFI
FREQ
デジメーターの周波数とサウンドの粗さを設定します。

MIX
エフェクト音とのミックス量を調節します。

REVERB
TIME
リバーブ・タイムを設定します。

LEVEL
リバーブの音量を設定します。

OUTPUT
LEVEL
出力の音量を設定します。

GENERATORS
WAVE
オシレーターの波形を選択します。

LOW
オシレーターの低音域を設定します。

HI
オシレーターの高音域を設定します。

HIGHER
オシレーターのさらに高音域を設定します。

NOISE
ノイズ・ジェネレーターの音量を設定します。

FILTER
TYPE
フィルター・タイプを選択します。

FREQ
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

RESO
フィルターのレゾナンスを設定します。

ENVELOPE
A
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

D
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

S
サステイン・レベルを設定します。

R
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。



 

Kiev
Advanced Spatial Digital Synthesizer

工場地帯に隠されていた秘密兵器とも言えるイエロー・ボディが特徴のシンセサイザー・ガジェットです。有機的でスペーシーなサウンドを合成する4つのオシレーターによる「ベクター・シンセシス」をフィーチャーし、空間をねじ曲げるような不思議な「ワープ」サウンドをタッチ・パッドで直感的にコントロールできます。

Kiev.png


OSC. MORPHER
TOUCH-PAD
オシレーターA、B、C、Dの音量バランスを設定します

A/B DEPTH
オシレーターAとBの音量バランスの変化量を設定します。

A/B SPEED
オシレーターAとBの音量バランスの変化のスピードを設定します。

C/D DEPTH
オシレーターCとDの音量バランスの変化量を設定します。

C/D SPEED
オシレーターCとDの音量バランスの変化のスピードを設定します。

OSCILLATOR
WAVEFORM A
オシレーターAの波形を選択します。

WAVEFORM B
オシレーターBの波形を選択します。

WAVEFORM C
オシレーターCの波形を選択します。

WAVEFORM D
オシレーターDの波形を選択します。

PITCH A
オシレーターAのピッチを設定します。

PITCH B
オシレーターBのピッチを半音単位で設定します。

PITCH C
オシレーターCのピッチを半音単位で設定します。

PITCH D
オシレーターDのピッチを半音単位で設定します。

TUNE B
オシレーターBのピッチを±100セント単位で設定します。

TUNE C
オシレーターCのピッチを±100セント単位で設定します。

TUNE D
オシレーターDのピッチを±100セント単位で設定します。

FILTER
TYPE
フィルター・タイプを選択します。

TOUCH-PAD
CUTOFF
フィルターのカットオフ周波数をコントロールします。

PEAK
フィルターのレゾナンスをコントロールします。

FILTER ENVELOPE
ENVELOPE
フィルターEGによるカットオフ周波数へのモジュレーション量を設定します。

ATTACK
フィルター・エンベロープのアタック・タイムを設定します。

DECAY
フィルター・エンベロープのディケイ・タイムを設定します。

SUSTAIN
フィルター・エンベロープのサステイン・レベルを設定します。

RELEASE
フィルター・エンベロープのリリース・タイムを設定します。

AMPLIFIER ENVELOPE
ATTACK
アンプ・エンベロープのアタック・タイムを設定します。

DECAY
アンプ・エンベロープのディケイ・タイムを設定します。

SUSTAIN
アンプ・エンベロープのサステイン・レベルを設定します。

RELEASE
アンプ・エンベロープのリリース・タイムを設定します。

EFFECT

TYPE
エフェクトのタイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

MASTER
LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Kingston
Polyphonic Chip Synthesizer

8ビット・ゲーム・サウンドに特化したポリフォニック・シンセサイザー・ガジェットです。今なおコンピューター・サウンドを代表するタイムレスなウェーブフォームをオシレーター部に配置し、そのサウンドをさらにビザールにする「JUMP」「RUN」機能を搭載。エフェクターでさらにサウンドを変形させることも可能です。

Kingston.png


EDIT
WAVEFORM
オシレーターの波形を選択します。

TRANSPOSE
オシレーターのピッチを設定します。

ENVELOPE
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

Run!
TYPE
アルペジオ・タイプを選択します。

SPEED
アルペジエーターの演奏スピードを設定します。

ON/OFF
アルペジエーターのオン/オフを設定します。

Jump!
HEIGHT
音の高さの変化量を設定します。

ON/OFF
オンにすると、音の高さが変化します。

EFFECT

TYPE
エフェクトのタイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

LEVEL
LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Marseille
Polyphonic PCM Synthesizer

ワークステーションのようなルックスのガジェットは、定番のキーボード・サウンド、ブラス、ストリングス、シンセサイザー・サウンドなど、多彩な音色を内蔵したポリフォニック・シンセサイザー・ガジェットです。いわゆる「ピアノ」や「エレピ」はこのガジェットが担当します。設定したスケールに沿った和音の演奏が可能な「CHORD」機能を搭載しており、「はずさず」に簡単にコード進行を作れます。

Marseille.png


PROGRAMS
プログラム名をタップして選択します。左にあるカテゴリー・スイッチで、プログラムをカテゴリー別に表示することができます。

OUTPUT
LEVEL
出力の音量を設定します。

ENVELOPE
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

EFFECTS
FX SELECT
設定するエフェクトを選択します。

EFFECT TYPE
エフェクトのタイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

CHORD
グローバル・コード機能をオン/オフします。オンにすると、設定されたスケールに沿ったコード演奏が可能になります。



 

Miami
Monophonic Wobble Synthesizer

昨今のエレクトロニック・ミュージックには欠かせないベース・サウンドを奏でるガジェットです。複雑な倍音やうねりを生み出す「X-MOD」オシレーター、特徴的なノイズを加える「CRUSH」フィルターを内蔵しています。「WOBBLE」モジュレーションを使えば、ブローステップ/ダブステップによく現れる、凶悪な怪物のようなウォブル・サウンドに変質させることができます。

Miami.png


CARRIER
WAVE
キャリア・オシレーターの波形を選択します。

PITCH
キャリア・オシレーターのピッチを調節します。

LEVEL
キャリア・オシレーターの音量を設定します。

SUB
サブ・オシレーターの音量を設定します。

X-MOD
WAVE
クロスモジュレーション・オシレーターの波形を選択します。

DEPTH
クロスモジュレーションの深さを設定します。

LEVEL
クロスモジュレーション・オシレーターの音量を設定します。

TUNE
クロスモジュレーション・オシレーターのピッチを調節します。

FILTER
CUTOFF
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

CRUSH
フィルターに独特の質感を加えます。

WOBBLE
フィルターLFOのモジュレーション量を設定します。

SHAPE
LFOの波形を選択します。

RATE
LFOのスピードを設定します。

MASTER
STEREO
出力の定位の広がりを設定します。

GLIDE
音の移行時間を設定します。

OUTPUT
全体の音量を設定します。



 

Phoenix
Polyphonic Analogue Synthesizer

クラシックでビンテージ感溢れたデザインとサウンドのポリフォニック・シンセサイザー・ガジェットです。精巧なアナログのエミュレーションにより、暖かみや存在感のあるアナログ・サウンドを得意としています。コード・バッキング、パッド・サウンドなど、何にでも使えるオールマイティーなシンセです。

Phoenix.png


OSCILLATORS
PITCH 1
オシレーター 1のピッチを調節します。

PITCH 2
オシレーター 2のピッチを調節します。

BALANCE
オシレーターのミックス・バランスを調節します。

WAVEFORM 1
オシレーター1の波形を選択します。

WAVEFORM 2
オシレーター2の波形を選択します。

PULSE WIDTH
パルス波の幅を設定します。

PORTA.
音の移行時間を設定します。

OSC 2 DETUNE
オシレーター 2のデチューン量を設定します。

FILTER
FREQUENCY
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

RESONANCE
フィルターのレゾナンスを設定します。

ENV AMT.
EGによるカットオフ周波数へのモジュレーション量を設定します。

KBD AMT.
キーボード・トラックによるカットオフ周波数の変化量を設定します。

ENVELOPES
FILTER ENVELOPE, AMPLIFIER ENVELOPE

ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

PITCH
BEND RANGE
ピッチ・ベンドの範囲を設定します。

BEND WHEEL
ピッチ・ベンド量を設定します。

VIBRATO RATE
ビブラートのスピードを設定します。

VIBRATO WHEEL
ビブラートの深さを設定します。

MODULATION
LFO

WAVEFORM
LFOの波形を選択します。

RATE
LFOのスピードを設定します。

BPM
Onにすると、LFOのスピードがソングのテンポに同期します。

KEY
Onにすると、ノート・オンのたびにLFOがリセットします。

DEPTH
PULSE WIDTH
LFOによるパルス・ワイズへのモジュレーションの深さを設定します。

FILTER
LFOによるフィルターのカットオフ周波数へのモジュレーションの深さを設定します。

AMP
LFOによる音量へのモジュレーションの深さを設定します。

DELAY
LEVEL
ディレイ音の音量を設定します。

TIME
ディレイ・タイムを設定します。

TONE
ディレイ音の音質を設定します。

MASTER
LEVEL
全体の音量を設定します。

DETUNE
ユニゾンをオンにしたときのデチューン量を設定します。

UNISON
ユニゾンをオン/オフします。



 

Wolfsburg
Hybrid Polyphonic Synthesizer

異なる質感をもったデュアル・オシレーターを2基と4タイプのフィルター、自由自在な音作りを可能にする2基のマルチ・エフェクターと4つのモジュレーション・マトリクスを搭載したシンセサイザーです。アナログ・シンセの特徴的な波形をデジタル技術でリサンプリングし、コレクションしたガジェットです。2系統のエフェクター、4系統のモジュレーション・マトリクスを持ち、黒を基調とした落ち着いたパネル・レイアウトにマッチする強力で迫力あるサウンドが最大の特徴です。

Wolfsburg.png


OSCILLATOR 1, 2
WAVEFORM
オシレーターの波形を設定します。

PITCH
オシレーターのピッチを調節します。

LEVEL
オシレーターの音量を設定します。

DETUNE
オシレーターのデチューン量を設定します。

OSCILLATOR COMMON
VOICE MODE
発音のしかたを設定します。

NOISE
ノイズの音量を設定します。

OUTPUT
出力レベルを設定します。

PORTAMENTO
音の移行時間を設定します。

FILTER
FILTER TYPE
フィルター・タイプを選択します。

CUTOFF
フィルターのカットオフ周波数を設定します。

RESONANCE
フィルターのレゾナンスを調節します。

ENVELOPE
EGによるカットオフ周波数へのモジュレーション量を設定します。

AMP
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

LOW FREQUENCY OSCILLATOR 1, 2
WAVEFORM
LFOの波形を選択します。

BPM SYNC
Onにすると、LFOのスピードがソングのテンポに同期します。

SPEED
LFOのスピードを設定します。

KEY SYNC
Onにすると、ノート・オンのたびにLFOがリセットします。

MODULATION ENVELOPE
ATTACK
ノート・オンからアタック・レベルに到達するまでの時間を設定します。

DECAY
アタック・レベルに到達してからサステイン・レベルへ移行するまでの時間を設定します。

SUSTAIN
サステイン・レベルを設定します。

RELEASE
ノート・オフからレベルが0になるまでの時間を設定します。

MODULATION MATRIX
SOURCE A, B, C, D
モジュレーション・ソースを選択します。

DESTINATION A, B, C, D
モジュレーション先を選択します。

AMOUNT A, B, C, D
モジュレーションの量を設定します。

EFFECT 1, EFFECT 2
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、Typeで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。



 

Salzburg
Premium Acoustic Piano

世界的に有名なグランド・ピアノをノンループで丁寧にサンプリングした、プレミアムなアコースティック・ピアノ・ガジェットです。ベロシティーの強さに合わせて多段階のサンプルが切り替わり、繊細なベロシティー変化にも完璧に対応し、ダイナミック・レンジの豊かなサウンドが得られます。

Sulzburg.png


Equalizer
Low
サウンドの低音域を調節します。

Mid
サウンドの中音域を調節します。

High
サウンドの高音域を調節します。

Character
Damper / Layer Level
ダンパー・ペダルを踏んだときのサウンドの共鳴の仕方や、レイヤーされているサウンドの音量を調節します。

Release Time
サウンドのリリース・タイムを設定します。

Output
Level
出力の音量を設定します。

Modulation Effect
Type
エフェクト・タイプを選択します。

Edit 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

Edit 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Ambient Effect
Type
エフェクト・タイプを選択します。

Edit 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

Edit 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips Edit 1とEdit 2は、Typeで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。



 

Montreal
Vintage Electric Piano

一度聞くと忘れられない、甘いサウンドが特徴的なヴィンテージ・エレクトリック・ピアノをリアルに再現したエレクトリック・ピアノ・ガジェットです。ノンループでサンプリングしていますので、美しくナチュラルな減衰が得られます。また、多段階のベロシティ・レイヤーを搭載していますので、弱打鍵から強打鍵まで、非常にリアルなサウンドが得られます。

Montreal.png


TREMOLO
SPEED
トレモロ・オン時のモジュレーション・スピードを設定します。

DEPTH
トレモロ・オン時のモジュレーションの深さを設定します。

OFF
トレモロ・オフ

MONO
トレモロ・オン、モノラル

STEREO
トレモロ・オン、ステレオ

HIGH, LOW
HIGH
サウンドの高音域を調節します。

LOW
サウンドの低音域を調節します。

MODULATION EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

AMBIENT EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

KEYOFF
KEYOFF NOISE/LAYER
キー・オフ時にノイズを付加します。また一部の音色ではレイヤー・サウンドをオン/オフします。

RELEASE TIME
サウンドのリリース・タイムを設定します。

AMPLIFIER
ON
アンプのオン/オフを切り替えます。

DRIVE
アンプのドライブ量を調節します。

OUTPUT
LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Alexandria
Legendry Vintage Organ

伝統的なヴィンテージ・オルガンの様々なサウンド・バリエーションをサンプリングしたパワフルなオルガン・ガジェットです。圧倒的な迫力のロータリー・スピーカー、サウンドを調節するビブラート&コーラス、暖かい歪みを得られるオーバードライブ回路を搭載していますので、リアルなオルガン・サウンドを簡単に出すことができます。

Alexandria.png


ROTATION
STOP
ローターの回転を停止します。

SLOW
ローターの回転を遅くします。

FAST
ローターの回転を速くします。

VIBRATO & CHORUS
ON/OFF
ビブラート/コーラス・エフェクトのオン/オフを切り替えます。

V-C
ビブラート/コーラス・エフェクトのプリセットを選択します。
(V-1.V-3はビブラート、C-1.C-3はコーラスです)

MODULATION EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

AMBIENT EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

DRIVE
オーバードライブのひずみ具合を調節します。

OUTPUT
出力の音量を設定します。



 

Firenze
Funky Electric Keyboard

強いアタックでパーカッシブなサウンドの名機を再現した、クラビ・ガジェットです。ピックアップ、フィルターを各スイッチでコントロールできるので、サウンドの変更を簡単に試せます。他にも音の減衰を調節するミュート・スライダーなど、クラビ・サウンドには欠かせない厳選したパラメーター構成となっています。

Firenze.png


FILTER

PRESENCE
サウンドの高音域の音質を設定します。

TREBLE
サウンドの高音域を設定します。

MEDIUM
サウンドの中音域を設定します。

BASS
サウンドの低音域を設定します。

* すべてがオフになると、音が出なくなります。

PICKUP
C/D、A/B
ピックアップを設定します。設定の組み合わせで、さまざまなサウンドに設定することができます。

MUTE
ミュートのかかり具合を調節します。

KEYOFF NOISE
キー・オフ時に付加されるノイズの音量レベルを調節します。

MODULATION EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

AMBIENT EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

OUTPUT LEVEL
出力の音量を設定します。



 

Glasgow
Superior PCM Synthesizer

ストリングス、ブラス、シンセなど、様々なサウンドを出すことができるガジェットです。抜けの良い、高品位なサウンドを搭載しています。音色ごとに、エディットに最適なパラメーターが切り替わって表示されますので、簡単かつ迅速に目的のサウンドにたどり着けます。

Glasgow.png


CHARACTER
EDIT 1...4
WAVE VARIATIONSで選択した波形の4つのパラメーターを設定します。設定できるパラメーターの名前がノブの上にあるディスプレイに表示されます。

* Edit 1.4のパラメーターは、WAVE VARIATIONSで選択した波形によって異なります。

OUTPUT
LEVEL
出力の音量を設定します。

ENVELOPE
ATTACK
EG(エンベロープ・ジェネレーター)のアタック・タイムを設定します。

RELEASE
EGのリリース・タイムを設定します。

MODULATION EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

AMBIENT EFFECT
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。



 

Darwin
Digital PCM Synthesizer

時代を切り拓いた伝説の名機「M1」を模した、デジタル・シンセサイザー・ガジェットです。独特な存在感のあるサウンドと膨大なプログラムを搭載し、様々なジャンルをカバーします。「スマート・サウンド・ブラウザー」と厳選されたパラメーター・ノブを搭載しています。曲作りをサポートする、頼れるガジェットです。

Darwin.png


OSC BALANCE
オシレーターの音量を調節します。

CUTOFF
VDFのカットオフ周波数を調節します。

RESONANCE
VDFのレゾナンスを調節します。

EG INT
VDFの“EG INT”を調節します。

ATTACK TIME
VDFとVDAのアタック・タイムを調節します。

DECAY TIME
VDFとVDAのディケイ・タイムを調節します。

RELEASE TIME
VDFとVDAのリリース・タイムを調節します。

FX1 DRY/WET
エフェクト音とダイレクト音のバランスを調節します。

FX2 DRY/WET
エフェクト音とダイレクト音のバランスを調節します。

OUTPUT
出力の音量を設定します。



 

Kamata
Wave Table Synthesizer

80年代ビデオ・ゲーム・サウンドのスタンダードである「波形メモリ音源」のシンセ・ガジェットです。当時一世を風靡したナムコのカスタム・サウンドチップ音源C30によるゲーム・サウンドを、バンダイ・ナムコ・スタジオのサウンド・チームが高品位に再構築しガジェット化しました。4ビット32サンプルの波形テーブルとデチューン、厳選されたパラメーターにより、懐かしくも新しいサウンド・デザインが可能です。

Kamata.png


MASTER VOLUME
出力の音量を設定します。

VALUE
選択したパラメーターの値を設定します。

PAGE SELECT
ページを切り替えます。

WAVE BANK
ウェーブテーブルを選択します。

DETUNE
デチューン量を設定します。

NOISE
ノイズ・ジェネレーターの音量を設定します。

AMP ENV
AT (Attack Time)
アンプ・エンベロープのアタック・タイムを設定します。

DT (Decay Time)
アンプ・エンベロープのディケイ・タイムを設定します。

SL (Sustain Level)
アンプ・エンベロープのサステイン・レベルを設定します。

RT (Release Time)
アンプ・エンベロープのリリース・タイムを設定します。

PITCH ENV
AT (Attack Time)
ピッチ・エンベロープのアタック・タイムを設定します。

DT (Decay Time)
ピッチ・エンベロープのディケイ・タイムを設定します。

RT (Release Time)
ピッチ・エンベロープのリリース・タイムを設定します。

SL (Start Level)
ピッチ・エンベロープのスタート・レベルを設定します。

AL (Attack Level)
ピッチ・エンベロープのアタック・レベルを設定します。

SL (Sustain Level)
ピッチ・エンベロープのサステイン・レベルを設定します。

RL (Release Level)
ピッチ・エンベロープのリリース・レベルを設定します。

DELAY
TIME
ディレイ・タイムを設定します。

LEVEL
ディレイ・レベルを設定します。

COUNT
ディレイの繰り返し数を設定します。

REVERB
TIME
リバーブ・タイムを設定します。

LEVEL
リバーブ・レベルを設定します。

LFO1-AMP
WAVE
LFO1の波形を選択します。

DEPT (Depth)
LFO1の深さを設定します。

DELT (Delay Time)
ノート・オンからLFO1がスタートするまでの時間を設定します。

RATE
LFO1のスピードを設定します。

LFO2-PITCH
WAVE
LFO2の波形を選択します。

DEPT (Depth)
LFO2の深さを設定します。

DELT (Delay Time)
ノート・オンからLFO2がスタートするまでの時間を設定します。

RATE
LFO2のスピードを設定します。

PORTAMENTO
MODE
Poly/Monoを切り替えます。

TIME
ポルタメント・タイムを設定します。

CONTROL
MOD-WHEEL
モジュレーション・ホイールでピッチ、アンプをコントロールするときに設定します。

PITCHBEND
ピッチ・ベンドの変化幅を設定します。



 

Madrid
Dynamic Bass Machine

アコースティック・ベースやエレクトリック・ベースなど、楽曲に生々しいグルーヴを加えるベース・ガジェットです。6種類のベース・アンプと2系統のエフェクターを内蔵していますので、サウンド・キャラクターを簡単かつ大幅に変化させることができます。パワフルでアタック感の強いベースから、太くふくよかなベースまで、奏法の違いまでをリアルに再現し、強力な低音を捻り出します。

Madrid.png


SOUND
プリセット・サウンドを選択します。

MASTER
出力の音量を設定します。

EFFEC1, 2
TYPE
エフェクト・タイプを選択します。

EDIT 1
選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT 2
選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

Tips EDIT 1とEDIT 2は、TYPEで選択したエフェクトによって、設定できるパラメーターが異なります。

PRE::POST
エフェクトのプリ/ポストを設定します。

TONE
BASS
サウンドの低音域を調節します。

MIDDLE
サウンドの中音域を調節します。

TREBLE
サウンドの高音域を調節します。

GAIN
アンプのゲインを調節します。

AMP TYPE
6種類のアンプ・タイプを選択します。

ENVELOPE
ATTACK
アタック・タイムを設定します。

DECAY
ディケイ・タイムを設定します。

RELEASE
リリース・タイムを設定します。



 

Lexington
Duophonic Analogue Synthesizer

アナログ・シンセサイザーの名機「ARP ODYSSEY」をガジェット化しました。生産時期によって質感の異なる3種類のフィルター、ドライブ回路によるエッジの効いた鋭いサウンドが最大の特徴です。また、6種類の強力なエフェクトにより、忠実な再現だけにとどまらない進化した多彩な音作りが可能です。

Lexington.PNG


VOICES
UNISON
ユニゾンで発音するボイスの数を設定します。最大発音数はVOICE(トータ ル・ボイス)の設定に依存します。ユニゾンは、VCO1とVCO2 の出力をミックスした音を、ここで設定した数 で同時に発音します。

VOICES
VOICE ASSIGNスイッチで “POLY” に設定したときとUNISONの最大同時発音数を設定します。

PORTAMENTO
ポルタメント効果のかかり方(音程の移行する時間)を設定します。スライダーを “MIN” の位置にすると、ポルタメント効果はかかりません。スライダーを “MAX” の位置に近づけていくと、音程の移行する時間が長くなります。

MODE スイッチ
TRANSPOSEレバーを操作したとき、ポルタメントを有効にするか無効にするかを選択します。

TRANSPOSE
鍵盤に割り当てられている音域を2オクターブ単位で切り替えます。

UNISON DETUNE
UNISONを複数の音に設定してユニゾンで発音させたときに、同時に発音する音をデチューン(音程をずらす)させます。UNISONが “1”(単音)の 場合は無効になります。

UNISON SPREAD
UNISONを複数の音に設定してユニゾンで発音させたときに、各ボイスの出力をLチャンネルとRチャンネルに振り分けます。UNISONの設定が奇数の場合は1ボイスだけはセンターに定位します。

PROPORTIONAL PITCH CONTROL
押した強さに応じてビブラートや音程が上下します。

VOICE ASSIGN スイッチ
発音の仕方を設定します。

MONO : モノフォニックで発音します。
LEGATO : モノフォニックで発音します。EGをリトリガーしません。
DUO : デュオフォニック(2 音)で発音します。
POLY : ポリフォニックで発音します。

VCO-1
FM デプス・スライダー
FM(フリーケンシー・モジュレーション:周波数変調)をかけたときの深さを調節します。

PULSE WIDTH (WIDTH)
パルス幅を調節します。

PULSE WIDTH (MOD)
パルス・ウィズ・モジュレーション(パルス幅変調)のかかり具合を調節します。

FREQUENCY COARSE
ピッチをおおまかに調整します。
キーボード・スイッチがオンのときは20Hz ~ 2KHz 、オフのとき 0.2Hz ~ 20Hzの範囲で調整可能です。

FREQUENCY FINE
ピッチを微調整します。

FM LFO スイッチ
LFOによるモジュレーションの波形を選択します。

FM SOURCE スイッチ
サンプル・アンド・ホールドまたはエンベロープ・ジェネレーター(ADSR)によるモジュレーションを選択します。

PULSE WIDTH MOD スイッチ
パルス・ウィズ・モジュレーション(パルス幅変調)を行うソースを選択します。

KYBD スイッチ (AUDIO KYBD ON / LF KYBD OFF)
AUDIO KYBD ONにするとVCO-1は鍵盤CVに接続され、通常の音階を発振します。
LF KYBD OFFにすると鍵盤CVから切断されLFOとして発振します。この信号でVCO-2を変調したり、効果音の音源ソースとして使用できます。

VCO-2
FM デプス・スライダー
FM(フリーケンシー・モジュレーション:周波数変調)をかけたときの深さを調節します。

PULSE WIDTH (WIDTH)
パルス幅を調節します。

PULSE WIDTH (MOD)
パルス・ウィズ・モジュレーション(パルス幅変調)のかかり具合を調節します。

FREQUENCY COARSE
ピッチをおおまかに調整します。
キーボード・スイッチがオンのときは20Hz ~ 2KHz 、オフのとき 0.2Hz ~ 20Hzの範囲で調整可能です。

FREQUENCY FINE
ピッチを微調整します。

FM LFO スイッチ
LFOのサイン波によるモジュレーション、またはS/H MIXER(サンプル・ア ンド・ホールド・ミキサー)によるモジュレーションを選択します。

FM SOURCE スイッチ
サンプル・アンド・ホールドまたはエンベロープ・ジェネレーター(ADSR)によるモジュレーションを選択します。

PULSE WIDTH MOD スイッチ
パルス・ウィズ・モジュレーション(パルス幅変調)を行うソースを選択します。

SYNC
SYNC のオンまたはオフを選択します。
オフにすると、デュオフォニック演奏が可能になります。
オンにすると、VCO-2はVCO-1の発信周波数(ピッチ)で同期します

S/H MIXER
S/H INPUT (VCO-1)
VCO-1からの波形出力をS/H MIXERに送るときの入力レベルを調節します。

S/H INPUT (NOISE、VCO-2)
ノイズまたはVCO-2の矩形波をS/H MIXERに送るときの入力レベルを調節します。

S/H OUTPUT LAG
S/Hの出力電圧の段差をなめらかにします。
スライダーを “MAX” の位置に近づけていくと、段差のなめらかさが強くなります。

S/H INPUT スイッチ (VCO-1)
S/H MIXER に入力するソース(VCO-1 の波形)を選択します。

S/H INPUT スイッチ (NOISE、VCO-2)
S/H MIXERに入力するソース(ノイズまたはVCO-2の矩形波)を選択します。

S/H TRIGGER スイッチ
S/H MIXER から送られてきたオーディオ信号を検出する際に、トリガーとなる信号(LFO からの出力信号または鍵盤を押したときの出力)を選択します。

LFO
LFO FREQ
LFOのスピードを調節します。スライダーを上げていくと速くなります。

LFO KEY SYNC
ONに設定すると、鍵盤を弾くたびにLFOがスタートし、ノートごとに独立したLFOが動作します。OFFのときは後から弾いたノートにも最初に弾いた鍵盤によってスタートしたLFOがかかります。

LFO TEMPO SYNC
LFOをテンポ(MIDIクロック)に同期させるかどうかをオン、オフで設定します。

AUDIO MIXER/VCF/HPF/VCA

NOISE/RING MOD
ノイズ・ジェネレーターまたはリング・モジュレーターから送られてくるオーディオ信号のレベルを調節します。

VCO-1
VCO-1から送られてくるオーディオ信号のレベルを調節します。

VCO-2
VCO-2から送られてくるオーディオ信号のレベルを調節します。

FILTER MOD (KYBD CV、S/H MIXER)
VCF FREQをコントロールする信号のレベルの調節、またはS/H MIXERから送られてくる信号を使ってフィルター開閉の調節をします。

FILTER MOD (S/H、LFO)
S/H(サンプル・アンド・ホールド)またはLFOを使ってフィルターを開閉する場合に調節します。

FILTER MOD (ADSR、AR)
2つあるエンベロープ・ジェネレーター(AR、ADSR)を使ってフィルターを動かす場合に調節します。

VELOCITY (VEL VCA、VCF)
ベロシティによるフィルターまたはアンプの音色変化(VCA、VCF)を調節します。

VCA LEVEL
VCAをエンベロープ・ジェネレーター(ADSR、AR)でコントロールするレベルを調節します。

VCF FREQ
LPF(ロー・パス・フィルター)のかかり方を調節します。
スライダーを一番下(16Hz)にすると入力信号の高域がカットされ柔らかい 音になります。スライダーを上げていくほど固い音になります。

VCF RESONANCE
レゾナンスを調節します。倍音成分のカットオフ・ポイントの周波数を強調し音色変化を得ます。スライダーを上げていくと、あるポイントから自己発振(VCF自身が音を発する現象)します。

HPF CUTOFF FREQ
HPF(ハイ・パス・フィルター)のかかり方を調節します。スライダーを上げていくと、入力信号の低域がカットされ細い音になります。 特定の楽器音をシミュレートする際などに便利です。

DRIVE GAIN
VCAのひずみ具合を調節します。

FILTER スイッチ (NOISE、RING MOD)
ノイズまたはリング・モジュレーターを選択します。

FILTER スイッチ (VCO-1)
VCO-1の波形(ノコギリ波、矩形波)を選択します。矩形波を選んだ場合にパルス・ウィズ・スライダーを上げると、矩形波からパルス波に変化します

FILTER スイッチ (VCO-2)
VCO-2の波形(ノコギリ波、矩形波)を選択します。矩形波を選んだ場合にパルス・ウィズ・スライダーを上げると、矩形波からパルス波に変化します。

FILTER MOD SOURCE スイッチ (KYBD CV、S/H MIXER)
フィルターをコントロールするソースを選択します。

KYBD CV(キーボード・コントロール・ボルテージ)を選ぶと、通常、鍵盤 から VCO へ送るキー情報を伝える信号をフィルターの開閉に使うことが可能になります。例えば、音程の高い音になるにつれてフィルターが開く効果が得られます。

S/H MIXERを選ぶと、S/H MIXERから送られてくる信号でフィルターを開閉します。

FILTER MOD SOURCE スイッチ (S/H、LFO)
フィルターをコントロールするソースを選択します。LFOでフィルターを動かすとワウ効果が得られます。

FILTER MOD SOURCE スイッチ (ADSR、AR)
フィルターをコントロールするエンベロープ・ジェネレーターを選択します。

VEL スイッチ (VCA、VCF)
ベロシティによるVCA/VCFの変化の深さを設定します。
(MIDIキーボードを接続した場合のみ有効になります。)

VCA EG スイッチ (AR、ADSR)
VCAをコントロールするエンベロープ・ジェネレーターを選択します。

VCF TYPE スイッチ
VCF のタイプを選択します。

I : ODYSSEY Rev.1
II : ODYSSEY Rev.2
III : ODYSSEY Rev.3

ENVELOPE GENERATOR
ADSR EG - ATTACK
ADSR EG のアタック・タイムを調節します。

ADSR EG - DECAY
ADSR EG のディケイ・タイムを調節します

ADSR EG - SUSTAIN
ADSR EG のサステイン・タイムを調節します。

ADSR EG - RELEASE
ADSR EG のリリース・タイムを調節します。

AR EG - ATTACK
AR エンベロープ・ジェネレーターのアタック・タイムを調節します。

AR EG - RELEASE
AR エンベロープ・ジェネレーターのリリース・タイムを調節します。

ADSR トリガー・ソース・スイッチ
ADSRエンベロープ・ジェネレーターに送るトリガーを選択します。

KYBD GATEを選んだ場合は、鍵盤から送られてくるトリガーをEGに送ります。LFO REPEATを選んだ場合は、LFOのパルス波をEGに送り、LFO FREQの速さに合わせてEGが周期的にエンベロープを繰り返します。

ADSR リピート・スイッチ
ADSRまたはAR リガー・ソース・スイッチでLFO REPEATを選択している場合に有効になります

KYBD REPEATを選んだ場合は、EGへ繰り返し送られているLFOのトリガーが鍵盤を押している間だけリピートします。
AUTO REPEATを選んだ場合は、鍵盤のオン/オフ関係なくリピートし続けます。

AR トリガー・ソース・スイッチ
ARエンベロープ・ジェネレーターに送るトリガーを選択します。 動作はADSRトリガー・スイッチと同じです。

NOISE GENERATOR スイッチ
ホワイト・ノイズまたはピンク・ノイズを選択します。

EFFECT
CHORUS/FLANGER/ENSEMBLE
音、ピッチを揺らした信号と、原音と混ぜ合わせることで音にうねりや広がり、ビブラート感を与えます。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

TYPE
エフェクトのタイプを設定します。

DEPTH
効果の深さを調節します。

FREQ
うねりのスピードを調節します。

MIX
エフェクト音とダイレクト音のミックス・レベルを調節します。

DELAY
音を時間的に遅らせて聞こえるようにするエフェクトです。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

TEMPO SYNC
ディレイ・タイムをテンポに同期させるかどうかをオン、オフで設定します。

FEED BACK
フィードバック量を調節します。

TIME LEFT
左チャンネルのディレイ・タイムを調節します。

TIME RIGHT
右チャンネルのディレイ・タイムを調節します。

LEVEL
エフェクト音のレベルを調節します。

REVERB
反響音を加えて残響や臨場感をシミュレートします。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

TYPE
エフェクトのタイプを設定します。

TIME
残響の時間を調節します。

TONE
リバーブ音の明るさを調節します。

MIX
エフェクト音とダイレクト音のミックス・レベルを調節します。

DISTORTION
3タイプの歪みが選べるディストーション・エフェクトです。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

TYPE
エフェクトのタイプを設定します。

DRIVE
歪み回路の入力レベルを調節することで、歪みの効き具合を調節します。

TONE
音色を調節します。

MIX
エフェクト音とダイレクト音のミックス・レベルを調節します。

PHASER
位相を周期的に変化させた音を原音に混ぜ合わせることによって、音にうねりを与えます。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

MANUAL
効果のかかる周波数を調節します。

DEPTH
効果の深さを調節します。

FREQ
うねりのスピードを調節します。

RESONANCE
レゾナンス量を調節します。

EQ
低音、中音、高音のレベルを増減します。

ON/OFF
このエフェクトを使うときはONにします。

LO GAIN
低音を調整します。

MID FREQ
中音域の周波数帯を設定します。

MID GAIN
中音を調整します。

HI GAIN
高音を調整します。

MASTER
Lexingtonの出力レベルを設定します。

LEVEL
全体の音量を調整します。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

記事コメントは受け付けていません。